本文へジャンプ

海水温・塩分・気温・湿度 データ

    当施設では2013年10月から海水温と塩分、同12月から気温と湿度の測定を行っています。
   測定データを利用される方は、必ず下記の「データ利用規約」に従ってご利用下さい。

データ利用規約

  ①当施設が測定した海水温、塩分、気温、湿度のデータは、教育目的もしくは研究目的でのみ利用
   して下さい。
  ②測定データを利用した学会発表や論文発表等では、金沢大学環日本海域環境研究センター臨海実
   験施設の測定データを利用した旨を発表内で明記して下さい。
  ③学会発表や論文発表当で測定データを利用される際は、当施設までその旨ご連絡下さい。
  ④測定データの改ざんや公序良俗に反する使用は認めません。
  ⑤測定データを転載したり、直接リンクを張りつけたりしないで下さい。リンクを張る場合はこの
   ページを張りつけて下さい。
  ⑥データを利用したことにより損害を生じても当施設は一切の責任を負いません。
  ⑦測定機器の不具合により、異常値が記録さている場合があります。データ使用時にはご注意くだ
   さい。

データの測定方法

 【海水温と塩分】
   2013年10月3日から当施設前の浮桟橋(水深約8m)に日油技研工業株式会社製「水温リモート監
  視装置AEM-04H」を設置し、水温計アレイ(H)(精度±0.1℃)を用いて水深5.0mと7.5mにおけ
  る海水温を1時間に1回測定しています。水深0.5mでは、JFEアドバンテック株式会社製「ワイパー
  式メモリー水温塩分計INFINITY-CTW ACTW-USB」を用いて水温(精度±0.01℃、分解能0.001℃
  )と電気伝導度(精度±0.01mS/cm、分解能0.001mS/cm)を測定し、電気伝導度を実用塩分に換
  算しています。測定したデータは「データ転送装置Aqua e monitor」によって1日に数回電子メー
  ルで送信され、集計ソフト「e monitor Compiler 2」で自動的に記録しています。
 【気温と湿度】
   2013年12月3日から直射日光が当たらず、風通しの良い地上180cmの高さにfourtec社製「温湿
  度データロガーMicroLite LITE5032P-RH」を設置し、気温(精度±0.3℃、分解能0.1℃)と湿度
  (精度±2%、分解能0.5%)を1時間に1回測定しています。機器を月に1度回収し、データを保存し
  ています。
   2016年11月1日0時からはLascar electronics社製「EL-USB-2-LCD+」へ機器を変更し、気温
  (精度±0.3℃、分解能0.5℃)と湿度(精度±2%、分解能0.5%)を測定しています。
   2017年4月1日以降はVaisala社製「HMP-155D」を用いて宿泊棟前での観測に変更しました。

海水温・塩分・気温・湿度 データ 2013年10月~2017年3月

海水温・塩分 データ 2017年4月~

気温・湿度 データ 2017年4月~

金沢大学
環日本海域環境研究センター
臨海実験施設

〒927-0553 鳳珠郡能登町小木ム4-1

TEL:0768-74-1151

photo.htmlへのリンク

photo2.htmlへのリンク